新たな事など

自分の仕事復帰と、次男のデイケアスタートが8月に入って同時に始まり、あれこれしているうちに今度は長男のカナディアン公立幼稚園入園が9月からと、家族揃ってバタバタしてました。

もう、8月は自分の職場でも大忙しで(戻れる仕事があって忙しいのは何よりなんですが)、次男君が保育園に慣れるまで2-3週間苦戦してて、毎日心配とストレスで、夏真っ盛りの最後の月のトロント、あんまり楽しめなかったような(涙)。。。。

いや、、、お兄ちゃんのとき以上に次男は保育園送迎時のみならず、一日中泣きじゃくり、予想していたように最初1-2週間はあまりお昼寝も食事もしてくれず。でも、一ヶ月以上たった現在は、ニコニコして保育園のクラスに飛び込んでいけちゃうほど、先生にも環境に慣れてくれて、よかった、よかった。子供の順応性、改めて歓心!

At Daycare 1
次男の通うデイケアではライブカメラの設定があり、息子の様子がリアルタイムで見れます。心配でしょうがなくて、最初の頃はこうやってチェックしてばかりで仕事が手につかなかったなあ。。。


長男といえば、8月まで通っていた日本語保育園を去りいよいよ公立の幼稚園へ!!(こちらは日本の4月と違って9月が入学時期。)日本語保育園はプライベートなので、長男の分だけでも保育園料がなくなるので我が家の家計ちと助かります。

初日だけなぜかギャーギャー泣いたけど、もう、楽しくてしょうがないみたいで、毎日ご機嫌な長男。本人、どうやら英語の方をもっと喋りたいみたいでそれもあるのかな。まだまだわがままでいう事なかなか聞いてくれないけど、自分でテレビを見る時間を“Too Much TV!”とか言って制限して、止めたり、”僕お勉強するよ~!“って言って、最近かけるようになった自分の名前をローマ字でかいたり、数字をかいてみたり、成長してくれてるみたい、ほ。

一つ、まだまだママには慣れないことが。。。。。

それは、週5日のお弁当作り!!!!!!

いや~~~デイケアさま様でした!!次男の現在通っているデイケアも、長男が今まで通っていた日本語保育園もランチもおやつもちゃんとでるから、そりゃ~楽させてもらってました。

ある意味、人生初の義務的な弁当作り(自分だけならいつでもサボってOKでしょ~~)!!もう、ここ毎日考えることはお弁当のメニュよ、、、ほら、今でも明日、どうしよう、、、みたいな。日本から“簡単に作れる毎日のお弁当”の本やら、クックパッと様見たりしてるんだけど、、、どうもね、、、3歳児って、出されるものパクパク食べてくれるわけでもないし、常温OKのものだったり,結構面倒で。頑張って栄養面や味や本人の好みも考えて作った日に限って、思いっきり残してくるし(チーン)。

Omusubiyama.jpg
このために日本の母から送ってもらったお結び山!こっちで買うとやっぱり高くつき、しかも売られているところに限りが。
幸い、長男はおにぎり大好きで、これさえあればおかずを食べてくれなときでも、おなかをすかせることはないかと。。。

まだ、始まったばかりで、先長い!!ママさん達、本当にご苦労様です!

ベン ジョンソン!

暑すぎない天気の良い日はできるだけ外で家族で(?!?!)トレーニングをするようにしているのですが、先日(と言っても7月のはなしですが)、パパと義弟が一緒にトレーニングするって事でいつもいくグランドに行きました。

この夏はトロントでPan Amといった北米のミニオリンピックみたいなイベントでちょこっと(?)だけ盛り上がっていたのもあって、更に、私らがきたこのグランドもこのイベントの会場が近くにあってか、この日も練習しているらしきアスリートがちらほら、、、。


なんかがたいのいい黒人さん2人が歩いてくるな~~なんて思っていたら、そのうちの一人のおじさんたらあの、ベン ジョンソン

パパがはじめに気づいて、物怖じせず話しかけに~~。義弟さん、なぜか緊張してたみたいでおとなしく。。。ドーピングのはなしやら、かつてのライバル、カール ルイスのこと、カナダ注目の短距離ランナー(Andre De Grasse)のことなど、、、さらっと聞けてしまうパパも凄いなと思うけど世間話しながら普通に会話してくれてたベン、もっと好感もっちゃいました。


実は、パパはあの話題となったソウルオリンピック直後にベンにばったりトロントのダウンタウン出会っていたらしく今回で会うのは2回目。

Ben 2

世間では現在でも色々といわれているベンですが、彼のドキュメンタリーなんか何度もみていたパパと私は基本、ベンのファンです。
Ben 1


現在はアスリート達のトレナーとして活躍しているらしいけど、この日もモントリオールのアイスホッケー選手の一人をトレーニングしていました。

すっかりおっちゃんになっているベンですが、トレーナー的貫禄ありありだったな。

子連れ日本一時帰国

先月4月、約二年ぶりに日本に2週間ほど帰国していました。

それも、、、、2人のやんちゃな幼児連れて。。。。これ、、、、もう、二度としたくないてか、もう二度とないことだからやれたけど、すんごく疲れました。幼児を連れて頻繁に帰国されている親御さん達、に同情します、、、お疲れ様です。

ただ、結果、長男君の嬉しそうで成長の見えた2週間を思うと、連れてきて本当によかったとも思えた旅でした。(もう、私達もビックリするほど、おばあちゃんと意気投合!)普段、嫌がるお勉強,おばあちゃんとなら自分から率先して毎朝していたほど。こりゃ、おばあちゃんに毎年夏、来てもらわなきゃだな。

100_3313.jpg
ばあばとは本当に嬉しそうに過ごしていた長男君。

私は、今でもカナダの市民権をとっていない(一生とらないと思うけど)ので、日本にはいつでも帰国ということになりますが、息子らは日本国籍をとっていないカナダ人としての訪問!

前置きが長くなってしまいましたが、今回の日本行きメインの理由は、次男坊を私方家族に初めて会わせるのと、この時期しかない(色んな意味で3歳児ってとっても重要)長男君と会ってもらうこと。

日本2015
兄と初対面の次男君、すでに8か月。

日本2015
兄は5人の子持ち。そのうちに下二人と家族で江の島に出かけました~。


いや~~~毎日色々出かけましたよ。今思うと、よく、やんちゃ坊主ら連れてあれだけ出かけたなあっといったくらい(毎回、荷物係になっていたパパ、お疲れ様でした、笑)。家族だけでなく、子連れでもお友達にも会えたし、ウン十年も行けてなかったディズニーランドでゆっくり過ごせたし(この際だからと、2泊3日ディズニー三昧)で、、、楽しい思い出が沢山つくれました。

日本2015
ホテル内も全てがディズニー、、、そうそう、やっぱり夢の国だからかな~?Wi-Fiサービスがなくて、私ら三日間インターネットなしの生活でした、笑。

日本2015
この時期、ディズニーでは、イースターパレードとやらが行われており、これもまた良かったですよー。雨天ではレインコート着て実行。

日本2015


日本2015
ミッキーの形した窓や、つり革可愛い:)

何でもある日本、綺麗で、遊ぶところも沢山あって、礼儀正しくて、ちゃんと順番待ちのできる国民性。。。でも、住めば都なんですね、、カナダに戻ってからもう日本への執着心とか全くなくて、寧ろほっとしている自分がいます。

日本2015
ママの大学時代からのお友達とそのお子ちゃんRちゃんとは何度か会って遊びました。
上野動物園へ。とっても良かった~!(安くて動物の種類も沢山)

日本2015


思っていたよりも家族の時差ボケが早く治ってきたところで、やっとこちらトロントも春が来ました~で、残り少ない産休を楽しむぞ!




エジプト旅行記~その2


またまた、旅行記の更新、できずじまいになり、年も越していました、すでに2015年。

思い出しながらの旅行記ともなるといつでも記録に残せるかな~なんて思ってしまい、ついつい、育児やら日頃の事のほうが優先となっての記録になってしまう、、、。

さて、エジプトに行った時期と期間の記載をすっかり忘れていたみたいでここで。

私がトロントを去ったのは、2009年の6月16日でエジプトには1週間滞在。
Mちゃんは日本からで、たしかドバイ経由(Mちゃんはエジプト滞在後更にモロッコ滞在)、私はトロント~スイス(ズーリッチ)~エジプト(カイロ)とスイスでいったん乗り換えて行きはストップオーバーなしで行けたんですが、帰りはズーリッチで一泊してといった経由。

乗り換えもあるせいか、トロントからの実質の飛行時間は合わせて約12時間だったけど、待ち時間なども含めるとやっぱりすんご~い長い旅でした。

エジプト;カイロ到着後の行程は大まかに:

Day 1:Cairo到着
Day 2:Cairo (GIZA)観光
Day 3:Old Cairoとその周辺(夜行列車でLuxor へ)
Day 4: Luxor (夜行列車でCairo へ)
Day 5: Cairo & Alexandor ia
Day 6:Cairo(帰国)


エジプトの大まかな地図はこちら (おかりしています)
Egypt_map.jpg

とにかく、Cairoだけでも見るところか多くて、、、もし、2週間位滞在期間がおあったらもっと長距離列車もしくは飛行での移動で観光できたのだけど、私たち、エジプトでの飲料水(販売されているものでも)に耐えられなくてあれ以上滞在していたら、病院のお世話になりかねなかったかも、、、、それぐらいお腹に悪い!!!!

ここで、余談。でも、とっても大事な事!!私は凄く甘く見てました!!!
そう、エジプトでの飲料水、、、、市販のボトルでもすんご~い危ない、一応ちゃんとパッケージされていてペットボトルのふた開けられてるわけでもないけど、、、きっと製造過程の時からすでに汚染物そのまま商品化されてるかのよう、、、、。
今思い出すと恐ろしいんですが、、、コーヒー好きのMちゃんとわたし、、、そりゃ~レストランやカフェ、ホテルでのバッフェで出されるあの濃くて美味しいエジプシャンコーヒー(トルココーヒーと同じ様な感じかな??)普通に飲むじゃないですか、、、でも、、絶対コーヒーに使用されている水ってそこの水道水とかからじゃ~ッくまれてるよな、、、きっと。普通に食材洗うときなんかも水道水で洗うだろうし、、、恐ろしい。

やはり、エジプトの衛生面は良くありません。
旅慣れしてるMちゃん、日本から正露丸もってきてくれていて、私も毎日何度となく飲んだけれど、、、効かない~~~~涙!!!


Day 2 :Cairo (GIZA) 
やっぱり、エジプトに来たらピラミッドを見ないでは帰れません。勿論一番に行っておきたかった私達。普通に地下鉄のって、まあ、バスも乗って自力で行くつもりが、行きの地下鉄あたりで会った英語の話せる好青年にツアー(と言っても半ばやられた~!!)をしてもらう羽目に。終わりよければ全てよしではないけれど、結論から言ってぼったくられたわけですが、一応安全に回って帰ってこれました。

詳しい裏話はMちゃんのブログでも記載ありますが、一つ”これって~???”っていうことが、この手のぼったくり、エジプトだけでなくどの観光地にも多くありそうなんですが、この兄ちゃん、私らを信用させるためにか、日本人女性との婚姻届のコーピー(だったかな!?!?)まで出してきて、私らに見せるという。話しを聞いていると、彼女はその時日本にいて、結婚VISAか何かがおりたらこの兄ちゃんが日本に行って一緒に暮らすとか、、、なんか話からして結婚詐欺(???)っぽいなあ。若くて、こうして旅行者をつって(ぼったくられたのは私らですが、、、涙)何とか稼いでるような人と本当に結婚してしまっているかもしれないこの日本人女性、、、大丈夫なのでしょうかと可愛そうにもなりました。

100_0577.jpg
何故かこのぼったくり君(案内してくれた青年ね)のご自宅(??今思うとこの手口するため仕組んだものかも??家族でもないご家庭と組んで行っていたり。。。)に招かれ、お茶をとお昼をごちそうになり、そのお家の窓から見れるピラミッドを~!

100_0584.jpg
この、ラクダに乗りながら裏口(本来、通常の旅行者なら正面からメインのピラミッド見学に向かうため、ここで怪しいとなるはずだが、私ら、知らず、涙)から入り、とくとく広いこの砂漠の敷地をとおり、、、、。

100_0617.jpg
見えました!!!メインのフィンクス!!

100_0624.jpg

100_0627.jpg
tomb of unas ankh 内。

100_0628.jpg


100_0639.jpg
夕日とピラミッドもいいぞ~!!

100_0640.jpg
そういえば、、、このぼったくり兄ちゃん、お友達(運転してくれる人)をよんできて、夜のピラミッドのショーの時間まで近くのカフェに連れていかれ、、、みてみて、、このコーヒーもやばそうでしょ~~??(濃くて美味しんだけどね、、、)

そう、ここで、ぼったくられた実際の総金額は、、、、一人当たり確か$100 (一万円ぐらいかな??)ぐらいだったような。この金額、日本人のような先進国から来ている旅行者にしてみればこれだけ見れて(実際、ツアーなどで組んでみるよりもある意味違って貴重な体験ができたような、、、)この金額まあああいいかなああ、、、なんて思ってしまうんですが、めっちゃ高いんですよ~!!この青年、お友達やらこの作戦に関わった人たちと分け合ってどれくらいもらえたかわかりませんが、本人にしても大儲け!!です。

まあ、将来こちらに旅行される人は、くれぐれも気を付けてください!!

続く~。













エジプト旅行記~その1

出産やら育児やらで中々書きたい旅行記のUPが進みません。時間はかかりそうですが少しずつ残していこうと思います。
リストに書いた訪問国の順番からは外れてランダムにピックアップしていきます。
で、旅の中でも色々な意味で一生思い出になるエジプト旅行で~す。

なんせ、世界4大文明の一つでもあって、歴史など学ぶ以上に奥が深いでしょう~???
一人旅慣れしていた私ですが、この旅行、珍しくお友達と行ってきました、しかも小中学生の同級生Mちゃんと!いきさつなどをここで説明するととても長くなるので簡潔にまとめますが、2009年の6月お互いいいタイミングでこのエジプト旅行決断!てか、、、私が凄くいきたくてMちゃんに「行かない~??」って。で、Mちゃんは日本から、私はトロントからで、現地集合!

ちなみにMちゃんはリアルタイムでブログにこの時のことを記録してます。とってもいい写真も盛りだくさんです。
こちら

結論から。
行ってよかった~!!!時期逃して数年後にでも行こうなら、危なくて行けない!!今でも決して安全じゃないよね、、、、。今でも時々思い出すけど、あの巨大なピラミッドや神殿ら、、、そのままちゃんと実在するのも、実際に人によって建てれてるってのが想像絶していて、、、私もタイムスリップさせてもらった気持ち。これだから、旅行は大好き!

国柄土地柄、多くの旅行者はエジプトではツアーなどを組んでいく人が多いみたいだけど、今思えばかなりの冒険家の私たち、この旅行ツアーなど組まず、すべて自分たちで!ホテル選択、移動(タクシー,相乗りバス(??)地下鉄、長距離電車)食事(レストラン、カフェ)などエジプトに行ったことのない人は想像つくかわかりませんが、色々な意味でホテル内以外のコンディションはちょっと~、、、、やばい。今思えば、旅慣れしているMちゃんといっしょだったからこんなこともできたんだな~と。

と、私たちはまずCairoを起点にしてそこから色々訪問しました。

まずホテル選び。地下鉄にも近くてレストランなども近くにあり、そこそこ綺麗で値段も良心的だったホテルを選択。
➡こちら 

一応、あの、TripAdvisorでのいろんな人のコメントもみて、、、ここならと。結果、良かったです!!
お互いにエジプトフライト到着に間があったので、こちらのホテルで先についていた私がチェックインしてMちゃんを待つことに。

もう、、、久しぶりに会うのもそうだし、お友達と旅行するのもないことだしドキドキ、ワクワク。
私はトロントで地球の歩き方を手に入れるのが難しかったので、Mちゃんに持参していただき(助かった~)、その情報をもとに毎日どこに行くかきめていきました。

ここで、、、今でも思うんだけど、私は個人的に’地球の歩き方’がガイドブックの中では一番だと思います。(単に日本語だからというのではなく。)何度となくこちらでも英語版のさまざまなガイドブックを見たけれど、、、見ずらい、わかりずらい、、、で、情報があまり豊富でない、、、ような。ま、今では何でもネット検索だけどね、、費やす時間もあるし。そういった意味では良いガイドブックは助かります。

さてさて、、、到着後一日目、まずはホテル周辺を歩きながらレストランなど食事できるところを見てみたり。以外にも、ここ、エジプト、カイロには地下鉄が通っていて、、、私たちが滞在したホテルからも地下鉄駅まで徒歩で行ける距離。
まず、ホテル周辺、、通りはどちらかというと狭くて、車も多く、ごみごみした感じはしますが、レストランからカフェ、など想像していた以上には綺麗でちゃんとしたところがあちこちに。

さて、、、、、私だけでしょうか、、以外にもここに地下鉄が走っていたことに驚いたのは。やはり、宗教上のお決まり事が強い国。こちらの地下鉄では女性専用車両と男性用とが分かれており、、勿論私たちも女性用に乗るのですが、、黒くて目しか見えないあの恰好(niqab)の女性達しかいない車両内で私達だけ普通の恰好(暑いので勿論半袖だったりで肌、露出度が高いわけですが、、、)、目立つどこりか、そりゃー居心地悪いの通り越してなんだかもう、申し訳ないと思わされるほど。ある意味カルチャーショックでしたねえ。ただ、以外にもそんなにいやな顔されているわけでもなく、また、じろじろ見られるだけでなかったんだよね、、、。

勿論、地下鉄内で写真なんてとってみたりなんてできませんよ~。

こちらは、ホテルと同じ通りで何度かお世話になったレストランで。
Restaurant -Egypt

shahsi.jpg


食後は普通にこうやってShisha(Hookah)を。日本語に訳すと水タバコというらしい。ちなみに、わたしもMちゃんも普段タバコは吸いません。

エジプト旅行の内容、内容が濃かっただけにいくつかのシーリーズにわたってのUPになりそうです。。。

Mamichan to shot
Mちゃんとピラミッドを背景にピシャ!

続く~。