思考言語が英語に

思考言語、所謂、無意識に選択する言語がすでに英語化している自分、以前にも長男の日本語教育の壁において触れたときのトピックと重複するようですが、ここにきてさらなる壁にぶち当たっています。

現在4歳半になる長男、トロントの現地校に9月から通い始めて、土曜日の日本語学校とわずかに接する私との時間以外は通常英語どっぷりの毎日。勿論、日本語に触れている機会と時間が減っている一方、英語のほうが本人にもコミュニケーションがとりやすいようで、私が日本語で話しかけても返ってくるのは指摘しなければ常に英語。

ただ、私も今年でカナダ移住歴14年、全ての日常生活において息子と数少ないこちらでの友人との会話以外は全て英語。なので、もう思考言語は日本語ではなく、英語なのである。(見る夢、何も考えずに発する言葉も英語なのである。)その中で、子供達におけるこの”母国語である日本語”の教育が実はそう簡単でない状況になりつつある。

具体的に何が簡単ではないかというと、きっと他の日本人在住者には笑われてしまうかもしれないが、“ 常に日本語だけで子供たちと会話(ここでは私だけでも一方的に日本語で話しかける)すること。”なのである。

「早く歯を磨きなさい~!」とか「さっさと着替えて学校行くよ~!」みたいなセリフを毎朝のように子供達に投げかけているわたしですが、これらの表現も実は「Brush your teeth now! 」や「Hurry up and change your cloth, then you gonna go to school! 」と何も考えずに出やすい。寧ろ、これらの表現を日本語で言おうと意識するので一度頭の中で日本語で言い、確認しながら子供たちに言うという思考回路になるわけだ。

以前までならこれが逆であったわけで(一度日本語を英語に置き換えて言葉を発する)ある。

タイミングよくすんなり日本語を話そうとしようならばこの思考言語の変化によって一瞬どもってしまうこともある。

バイリンガル、またはマルチリンガル教育が普通な環境にはあるこちらトロント・カナダでは何か国語も喋れる人がいてこれまた普通。子供たちの日本語習得のレベルをどこまで望むかということもあるが、せっかくの機会と子供の可能性を奪うことだけはしたくないので、ここで私の頑張りどころなのかもしれない。

以前にある日系人のお話の中でその人が言っていたことが今でも印象的で、「親を責めるわけではないけれど、日本語教育を継続、徹底してくれていれば、今、もっと日本語を楽に理解できていただろうに。。。」と。

同じに体験している親御さん達はどうしているのだろう。。。

1234.jpg




人生の展開とランチ

先日、お昼のランチ時間を長めにとって、ダウンタウンで一度試してみたかった日本食レストラン“金魚さんへ行ってきました。


そもそも、こちらにいくきっかけになったのは、約6年ぶりに会う、以前は職場での後輩(アシスタントしてもらっていた)で、弟みたいな存在の友達E君とのランチで。

まず、お店のレポ。
本当は、金魚幕の内定食といって、こちらを狙っていたのですが、先着10食までらしく、この日は間に合いませんでした。
なので、私達はシェフお勧め刺身定食を。

kingyo-090-のコピー-1000x550
写真はサイトからお借りしています。食べれなくて残念!!

感想、“おいしかった~”。こちらでは沢山日本食レストランはありますが、日本で食べられるような新鮮で、細かいところまで(ご飯の炊け具合、漬物の味など)日本で食べられるものに近いのにはなかなかまだ遭遇してません。


さて、ランチのメインのこと、このお友達、実はゲイ君です。はい、躊躇なく言ってしまって全然OKな子で、おもしろい、オープンな子です。
私がかつてアパレル業で働いていた頃、彼E君がまだ大学生で、アルバイトで私のアシスタントとして一緒に働いていました、よくこき使っていましたね、、、(笑)。
当時からもう、ゲイねたオンパレードで仕事中も興味津々な自分、よく、そちらの世界のこと、教えてもらっていたけど、今ではなんと、オーストラリアで博士号とって、DOCTORです。自分も当時独身で、SKILLWORKERカテゴリーで移民した後、もう、“一人でカナダでやってくぞ~”なんて思っていたのに、結婚だけでなく今じゃ2人の子供の育児に追われているなんて、私らの人生いったいどうなっているんだろう。面白いものです。

E君、更にゲイ度もパワーアップ、もう、沢山日本人のいるこのレストランで、英語とはいえ、でかい声で彼の演説、、、E君ねた、目玉ぶっ飛びそうな内容なんだけど面白い。でも、彼、頭いいからアカデミックな内容とかもやっぱり話題豊富で。今後オーストラリアで本を出版する予定らしく(ちゃんとわたしの名前も記載するように言っときました、笑)、今後が更に楽しみな子です。今は一時帰国でトロントにいるけどまた、オーストラリアに戻るらしく、またいつ会えるかわからないから貴重な時間でした。

IMG_20160317_135325.jpg

エジプト旅行記~その3

あれ、、、、最後にエジプト旅行記UPしたのはいつなんだい???ってほど放置されたまま。。。。

ここではDay 3となります。

出だしはエジプト考古学博物館(Egyptian Museum)にはじまり、Old Cairoとその周辺を日中に観光して、、夜からは夜行列車でLuxor(カイロから約650km南に位置します)へ行きます。盛りだくさんなDay 3 です。

★エジプト考古学博物館(Egyptian Museum)
建物の迫力こそはないけれど、中に展示されているいわゆる秘宝!!モーーーすごかったよ!残念ながら、ここでは撮影禁止なため、写真が一つもありません。持参していた当時のブラックベリーで隠し撮りしたんだけど、ちゃんと保存してなくて結局なし(涙)。

100_0655-2.jpg
こちら、博物館入り口前


見てきましたよ~あの有名なツタンカーメンの黄金のマスク!!!

秘宝と呼ばれるだけあって展示品の内容が、すばらしかったです。行く前にでももっと歴史の勉強しとくべきだった。
検索したら、許可をもらっている人なのか沢山の写真をのせているリンクを見つけたので、

こちら1.
こちら2.


そういえば、実はこの博物館内にもう一つ特別なものが。。。それは、ミイラ室、その名のとおりミイラの展示されている部屋で。ちなみにマミーズルーム(Mummies Room)といわれる。
別途で料金を取られるのもあったし、なんだか気が進まなくて、私は遠慮していかなかったけれど(遥々エジプトにきたので、見とけばよかったと後悔)、Mちゃんには一人でいってもらいました。後でMちゃんに感想聞いたら、やっぱり、すごかったらしい、、、、。
ミイラについてこんな記事を見つけたので参考までに。


★Old Cairoとその周辺
オールドカイロ(Old Cairo)はカイロ発祥の地だとか。イスラム教主体のこの国でも唯一のキリスト教地域。
私たちもこの地域で有名な聖ジョージ修道院にいってきました。確か最寄の駅からも近く見つけやすかったような。

100_0660.jpg

100_0661.jpg

100_0663.jpg


さて、夜から夜行列車にのっていよいよLuxorへ(かなりの距離で、10時間もの列車の旅)。
列車の切符入手(勿論購入者が並んで買うなんてこともなく)から、実際に電車に乗るまで(切符購入駅と実際に乗る夜行列車駅が違った!!!!)、ちょっとしたハプニングがあり、まだまだ気の抜けないこの旅、今思えば私たち良くやったな~って感じです。

エジプトはやっぱり私たちのように個人で色々回ると結構大変です。








自分の葬儀の積み立てローン(その後)

先日、自分の葬儀の積み立てローンの契約を済ませてきました。

もともとの成り行きは、こちらから。

結論から、私の申し込んできたパッケージと金額はこちら。

1) 葬儀全般のサービス (記入するとものすごい数の項目になるのでこちらでは省きます)
2) お葬式用のお棺(こちらではCASKETといって、約$1500から高いものでは$10,000ものも!)
3) 火葬(実際は契約した葬儀屋さんでされるのではなく、また別の火葬業者と提携しているもの)
4) 支払いを毎月払いで20年のローン。

さて、気になる総額なんですが、カナダドル、利息や税込みで
約$13231.12、 現在の日本円レートで($1=90円の計算)約119万円なり。。。。
やっぱり、安くないなあ。。。。

ちなみに、私の毎月の支払い金額は約$55でこれをこの先20年、とほほ。

でもね、これ、契約して少しほっとしています。やっぱり子供や家族に余計な負担かけたくないし、この選んだ葬儀会社の人も言っていたとおり、死亡直後に一番悲しい思いをしているときに、家族の誰かが、こういった葬儀の手配やら支払いのことなどしなければいけなく、少しでもこのストレスを減らせるならそれに越したことはないかと。

ただ、私の場合、問題なのが、遺骨または遺灰を日本の両親の所有するお墓に埋めてもらうのが希望なので、やっぱり、家族の誰かが〔息子達か旦那さん〕がそれを日本まで持っていかなければいけません。

このことについては、もっと、突っ込んで計画をたてたいと思っています。

それには、やっぱり遺言状(こちら欧米では一般です)を早めに作成せねば。

Chapel.jpg

こちらが私のセレモニー(お葬式)で使用されるチャペルです。

自分の葬儀の積み立てローン

今回はとんでもないトピックになってるかもですが、実はこれ、現在我が家(私と旦那さん)にとって、とても重要なこと。

結論からいうと:

1) こちら(日本でもそうみたいですが)での葬儀の費用はとても高い(勿論、グレード、パッケージまたは葬儀会社にもよると思いますが)
2) 子供たちに自分の死後余計な金銭的負担をできるだけかけないため
3) 今から長期積み立てローンを組んでおくほうが月々の支払額も比較的低めなので支払いしやすい(結果的トータルの支払い金額は変わりませんがね。。。)

ここで、カナダでは火葬(CREAMATION)も土葬(BURIAL)両方可能なのですが、私は基本、火葬して、遺骨/遺灰は日本へ送ってもらうことを希望します。となると、ここでの積み立てのパッケージは、火葬とお葬式(勿論、それらに伴う証明書なども含む)のセットのもの。

自分はまだこのパッケージの詳細の情報を入手していませんが、実は旦那さんが先日、本人のことで問い合わせにいってきました。

ここで旦那さんは、土葬希望(宗教上や、文化的背景から)で、今のところ葬式と土葬(葬儀会場からの運搬から、実際に土の中に埋めるまでの作業)のみのパッケージで、お墓(石)と土地(スポット)はまた別に購入しなければなりません。

先日、旦那さんがこちらの葬儀屋さんにて、自分の希望するパッケージ20年積み立ての金額を出してもらったところ、月々の支払いは$70弱、で、それを単純に20年で計算すると、、、、なんと、

$16800(現在の日本円レート(1CAD$ =90円)で換算しても 151万2千円!

これ、お葬式と土葬だけでですよ。(ここで、もちろん沢山企業やら政府援助つきのものもあると思うので金額はあくまで私たちの選んだ会社(100年近く運営しているとか)ですが)。

それにしても高い!

で、さらに、正確な金額は不明ですが、お墓の土地と石料いれてどんだけかかるのよ!!!

ある情報によると、石だけでも最低でも$3000(27万円)するとか。

ちなみに日本の一般的な平均もざっとネットで調べてみたら、葬儀代、寺院費、飲食費(なぜかこれはずせない)、さらにお布施(読経料)などを最低含んで150万~180万円はかかるそうです。勿論、火葬費とお墓費用は更に別途でかかることになりますよね(恐ろしい)。

やっぱり、同じ先進国なので、そんなにはかわらないのかな。。。

いっきにこんな大金用意しようとしたらたいへんだけど、ちまちま毎月積み立てしてると何とかなるよね、きっと。年金や保険と一緒でいつか必要になるわけだし。

子供を持つと、こんなことまで考えるようになるとは、、、と正直最近思ってます。